榎本由美

榎本由美先生 プロフィール
1986年新書館「グレープフルーツ」で漫画家デビュー

 

作品紹介記事☆

 

▶ブスで処女な6人の女たち

 

 

 

 

▶セルフ・ネグレクト

 

 

 

 

▶養護施設を追われた少女

 

 

 

 

▶児童養護施設の子どもたち

 

 

 

 

▶新・児童養護施設の子どもたち

 

 

 

 

 

 

ヤバい因習 ~現代に巣食う闇

 

 

 

 

 

 

▶負け組でバカな7人の女たち ブスが整形を公表

 

 

 

 

 

 

 

 

他の作品!

他にもいろいろな作品がありますので
気になるものがあったら読んでみてください!

≪まんがグリム童話 淫獣たちのサバト≫

とある過疎の村で、古来から取り行われてきた秘祭中の秘祭「夕映祭」。
その取材のため訪れた春史は、
村の屋敷で巨大な鳥籠に囲われた美少女・サロメと出会う。
彼女は「呪われた生き神」として、
年に一度、祭壇で舞を捧げるために監禁されているのだという。
サロメの美しさに心を奪われた春史は、
夜な夜な彼女の元に通い詰め、熱い契りを結んでしまうが……。
閉ざされた村のタブーに翻弄される男と女!
「籠の中のサロメ」をはじめ、古代日本を舞台に描く「夕暮れの村の恋人たち」、
現代奇談「秘密の婚礼」など、邪な欲望と罪深い業が入り乱れる“獣”たちの宴!
ミステリアスな5つの奇談を収録した榎本由美のグリム傑作選第三弾!!

⇒まんがグリム童話 淫獣たちのサバトはこちらから

 

 

≪独裁者と籠の小鳥≫

児童養護施設で働き始めた安藤梢は、施設のルールに戸惑っていた。
厳格な園長の方針の下、園児たちは食事や入浴など
日常に関することはブザーで指示を受ける日々。
違反者は罰としてロッカーに閉じ込められることも。
子供たちの自由を徹底的に束縛する施設は
あたかも刑務所のようだった…。

 

⇒独裁者と籠の小鳥はこちらから

 

 

まんがグリム童話 悪女伝説≫

自らの愛欲のため、残虐な犯行を重ねていく毒殺婦・ブランヴィリエ――。
その美しさとは裏腹に、秘められた魔性の愛と暗黒の性の真実とは!?『毒殺婦ブランヴィリエ』。
他、性に臆病な女王が目覚めた激しい恋…『女傑カテリーナ』。
閉鎖された村に血の雨を降らせた爪弾き者たちの恋…『八つ墓村の女』。
運命に翻弄される遊郭の女の哀れな恋…『浮島心中』。全4編。
史実をもとに稀代の悪女たちを妖艶に描き出す、榎本由美のグリム傑作選!!

⇒まんがグリム童話 悪女伝説 はこちらから