蜜の鎖 成年Aとの約束 ネタバレ あらすじあり 秘密の連鎖から逃れられない美人妻の行く末は?!

村生ミオさんの「蜜の鎖 成年Aとの約束」という漫画は
若くて清純な美人妻に襲い掛かる罠を描く
官能ラブサスペンスです。

たった一つの秘密を守るために
新たにできてしまった秘密…

そして、その秘密からは、もう逃れられない…

 

「蜜の鎖 成年Aとの約束」
U-NEXTで無料試し読みができます。
↓ ↓ ↓
>>蜜の鎖 成年Aとの約束 はこちらから<<

 

 

蜜の鎖 成年Aとの約束 あらすじ

大森美幸は、夫はエリート銀行員。
夫からは愛され、何不自由ない生活。
幸せを絵にかいたような毎日を送っていました。

 

しかし、美幸には夫にも親友にも言えない秘密がありました。

 

5年前、大学生だった美幸は通学途中の公園で
ピエロのマスクをかぶった二人組の男達にレイプされました。

 

そこに、たまたま通りかかった一人の青年が
拾った大きい石で、片方の男の頭を殴り、
もう一人は走って逃げ、青年に殴られた男は
その場で即死…

 

恐くなった美幸は、
青年にお礼も言うことなくその場を走り去ってしまったのです。

 

その場には、美幸が慌てて落とした学生証

そして、レイプ犯の片方が落として行った携帯が残っていました。

 

 

その青年は、未成年のため「少年A」として
重大犯罪の犯人として報道されました。

 

少年Aは美幸の学生証を持っているので
いずれ警察が美幸の元を訪れるだろう…

そして自分がレイプされたことが明るみに出で
周囲から好奇な目で見られるんだろう…

美幸は毎日ビクビクしていましたが
警察が美幸のところに来ることはありませんでした。

 

 

拘留された少年Aは、動機も語らず
美幸の学生証も提出せず
そのまま少年刑務所に送られました。

 

 

そして、美幸自身も少年Aに対して申し訳ないと思いつつ
自ら警察に名乗り出ることはしませんでした。

 

 

ただただ、あの悍ましい事件を忘れたいと
毎日を過ごしていた。

 

 

そして、5年たった今
あの「少年A」が美幸の目の前に現れた!!

 

その手には、美幸の学生証が!!

 

 

蜜の鎖 成年Aとの約束 ネタバレ

 

美幸は、5年前のレイプ事件から
男性恐怖症に襲われていました。

 

男性と付き合うことなく過ごし
就職し…

美幸はミス東都大だけあってとても綺麗な女性。
言い寄ってくる男性も少なくありませんでした。

 

あるときから、女性として幸せになることを
考えはじめ
男性と交際するようになるのですが
いざ体の関係になりそうになると
事件の記憶がよみがえり、彼氏を振り払ってしまい
交際が終わる…というパターンを繰り返していました。

 

そんな中、高志だけは他の男性とは違い
性を臭わせず、ただただ美幸に優しく接してくれました。

 

そして2人は結婚。

 

結婚後も、高志は美幸に優しく
ラブラブな夫婦として近所からも友人たちからも
うらやましがられていました。

 

やっとつかんだ幸せ。

 

しかし、ある日その幸せを脅かす前触れが…

 

家の前で誰かとぶつかると

 

”5年前の落し物…”

 

そう言って、ぶつかった相手が
美幸の大学時代の学生証を差し出したのです。

 

 

あ…

あなたは…

 

 

美幸をレイプ犯から助けてくれた「少年A」でした。

 

 

少年Aは、5年も拘留されていて
10日前に出所したと話します。。

 

 

”ゴメンなさいっ”

 

美幸はやっと謝ることができました。

 

美幸を助けようとしなければ
「少年A」は殺人犯にならずに済んだのです。

 

ここでも、「少年A」は、
警察に美幸のことを話さなかった理由を言いませんでした。

 

名前も名乗らず、「成年A」でいいと。

 

 

美幸はお金で償おうとするのですが
「成年A」は受け取りませんでした。

 

「青年A」の望みは1つだけ。

 

「成年A」は、いきなり美幸にキスをし

 

”俺の女になれ!!”

 

美幸は怖くなり、走って逃げてしまいました。

 

「成年A」は美幸の家の場所も調べていました。

 

レイプ犯が落として行った、
美幸のはずかしい部分が写った写真の入った
携帯も持っているかもしれません。

 

美幸は、レイプ事件のことをバラされないためにも
幸せを壊されないためにも
「成年A」の機嫌を損なうわけにはいかなかったのです。

 

 

『蜜の鎖 成年Aとの約束』
U-NEXTで読むことができますよ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
>>蜜の鎖 成年Aとの約束 はこちらから<<

*無料トライアル
600円分のポイントがもらえるので、
1冊無料で読めちゃいます!